2022年5月23日月曜日

[7815] 誕生日猫

 ●誕生日猫

366誕生日猫、毎日頑張って、

これまでに見たことのない作品が

手から生まれています。

誕生日猫の最初の発想は

猫ファンを増やすために

招き猫と誕生日をコラボした。

ある意味商売に傾きすぎていた。

今回は己の能力の向こう側を

覗こうとしているから

商売超えて

作るのがすごく楽しい。





2022年5月22日日曜日

[7814] 脱走

 ●脱走

猫柵作りはお休み。

雨止んで

チョコを庭に出したら、即脱走。

どこから出たのか?

ワシの作ったところの網は穴だらけだった。

しばらく探したがいない。

そしたらなんもなかったかのような顔して駐車場にいた。

老子さんらに早いとこしっかりしたものを作ってもらわないとな。




2022年5月21日土曜日

[7813] 老子

●老子


僕が『老子』と呼んでいる職人Tさん。

彼は谷間に住んでいて

以前は店を三つも経営していたが人に譲り

今は海や山に遊び職人仕事をしている。

まさに

本当の老子の言葉

『白を知りつつ黒にとどまる』だ。

僕より年上かと思ったら、

なんと! 

僕より20歳も若いんだ!

多分母親のお腹の中に数十年居て

老いてから生まれたのだろう。

T老子がこの庭を見て言った。

「ここはなんでもある」

そうか、ここは母の胎内に似ているのかもしれない。




2022年5月20日金曜日

[7812] 古着

 ●古着

雪で禿げてしまった

猫の耳煙突のペンキを塗ってくれた。

猫柵が少し出来上がった。

思った以上にいい!

そこで職人さん達に古着をプレゼント。

好きなの好きなだけ持っていってくださいな。





2022年5月19日木曜日

[7811] 決着

 ●決着

猫柵作りの職人さん3人

今日初めてここに来た職人Yが

庭に感心していた。

その時、最上川を舟下りが通った。

Y「ここは決着がついてるね」

と言って朗らかに笑った。

面白い言葉ですな。

決着:問題が解決し落ち着いた状態になること。





2022年5月18日水曜日

[7810] 薪戻し

 ●薪戻し

今回の冬は薪がいつもの半分も使わなかった。

使わなかった薪を小屋から薪棚に戻す。

同じ頃、世界では

職人さん二人が遠くペリバ前で仕事。

SSは畑にナス植え、

チョコはベンチでのんびり

ピニャモは遠く枝垂れ桜の下の石。








2022年5月17日火曜日

[7809] オブラート

 ●オブラート

チョコとか見ているとずーっと3歳児のままだ。

『三つ子の魂百まで』ならチョコは魂のまま生きている。

人間は魂の周りをオブラートで包んでいるように思う。

可愛かった3歳児は少年のオブラートに包まれ生意気になる。

可愛かった3歳児は青年のオブラートに包まれ理屈っぽくなる。

可愛かった3歳児はいろんなオブラートに包まれ歳を重ねる。

夢だったり、愛だったり、仕事だったり、家族だったり、

政経だったり、宗教だったり、科学だったり、進歩だったり

その時々のオブラートに包まれる。

もしその時のオブラートに押しつぶされてしまえば

自殺や争いで命を落とす。

80過ぎたあたりでオブラートはどうでもよくなり

3歳児に戻り魂になる。