2019年11月15日金曜日

[6897] サギ

サギ
新サギをペリペリしてます。
最近、サギが好き。
鶴でも白鳥でもない、
変なやつらだ。
この間まで『わじん猫』で、
チヤホヤされていたのに、
いきなり絵を描き始めて、
猫ファンからはブーブー言われたから、
今は『わじん詐欺』だね。
あ! 明日、美術館でサイン会します、来てね。
これ詐欺じゃないよ。

2019年11月14日木曜日

[6896] おー

おー
こんな写真が送られてきた。
碁点温泉のポスターが
パネル入りの豪華版になっている。
玄関からすぐ見えるロビー前。
大げさかなと思うけど、
大変ありがとうございます。
また風呂に入りに行きまーす。

2019年11月13日水曜日

[6895] 満月

満月
酒屋の源八さんが毎月満月の日に催している『満月ワインバー』。
酒屋のパーティは酒豪揃い。
最近はのんびり一人ワインが好き。
一度も参加したことがない。
源八さんは僕の作品を店に展示してくれている。
そこで満月の絵でも展示したら、
みんなが楽しめるのではと思い、
持って行ってやろうと、
今朝、小さい『満月』の絵にワインと山を付け加えた。
さて行こうかと思ったら、
なんと!
満月は昨日だったのだ。
ガーーーーン!
パーティは終わっていた。

2019年11月12日火曜日

[6894] 埃

ラ・フランスの木の玉切り。玉切り全部終わり、さて温泉でも行くかと思ったが、ポスターが貼ってなかったことを思い出し、行くのやめた。ほらこうやって客減らすんだよ。ワシはしょっ中、風呂入りに行くわ、飯まで食う。そんなワシが美術館を良くしようとここまで必死でやったポスターを捨てちゃいけないでしょ。噂では隣町の図書館にはA1のポスターが貼ってあるというではないか。館長が送った小さいポスターを拡大したらしいのだ。なんという寛大さ! とにかく碁点温泉にはうちにある大きなポスターを貼ってもらうことにした。
 やはり地元を良くするにはきちんと指摘しないといけない。中傷やカスタマーハラスメントは悪だが、地元の悪い癖を見過ごすのは偽善だ。悪い草は黙っていたらどんどん成長して抜けなくなる。ごまかしたら尚更大変だ。これが偽善のやる始末の悪い事だ。小さいうちに刈り取ることよ。まあ碁点温泉さんよ、反省してくれ。
 今やネットの時代、何言われているかわからない。今後の発展のために、ノートなど置いてお客の声をアンケートしたほうがいいと思う。最上川美術館はもちろん、どこにだって直す点はいっぱいある。何もしなくても埃は積もるものだ。人間個人もね。

2019年11月11日月曜日

[6893] なんと!

なんと!
今日はのんびり。
久しぶりに温泉へ。
なんと! 
最上川芸術祭のポスターがない! 
芸術祭は始まったばかりなのに、どういうことよ? 
あまりに小さいのでバランスが悪かったのか? 
もう終わったと思ったのか? 
どっか違うところに貼ってあるのか?
宣伝する気がないとしたら、
怒りだね!
疲れているので何も言わず帰ってきた。
石ころ蹴った!
ガラス割れた!
UFO落ちた!
葉山噴火した!


2019年11月10日日曜日

[6892] 寛大さ

●寛大さ
日曜日、大快晴。
最上川芸術祭メインイベントの日だ。
多くのお客さんが来て、
講談もダンスも大成功だった。
館長も大変楽しそう。
暇を見つけては何度も僕に喜んで話しかけてくる。
FBでは僕のことブロックしているのに、
今日は僕のこと大好きみたい。
あれだけ僕を阻み怒らせておいて、
平気のへいちゃらなのだ。
昨日までのことはほぼ忘れる性格なのだろう。
ある意味いい性格だ。
今日はもう素晴らしい善人だ。
ところで館長は作り手のエネルギーは高く評価するが、
作品は一切褒めない。
褒めないどころか、見ない。
エネルギーはお客を呼べるが、
作品は美術館を汚す。
真下慶治以外はほぼダメなのだ。
これは断固ブレない。
しかしその好みは今や狭くて不自由と思う。
真下の奥さんという私情が入るのだ。
だから昨今の作家には悪人になり、
来るお客には善人になれるのだろう。
善人・悪人に変身せず、
若手の作品も理解できる寛大さを持てば、
この美術館は船出し発展するだろう。

2019年11月9日土曜日

[6891] 天照大神

●天照大神
芸術祭2日目。
 体調復活なのだが、搬入の時の作品展示で、肉体を酷使しすぎてぎっくり腰になったようだ。それと精神的苦痛です。搬入でのワシの自由精神に対する館長の過剰な仕切りと理由のないハバミ行為。過剰な仕切りは『囲い』で、ハバミ行為は『壁』だ。どう考えてもこれらは家畜に対する行為だ。不自由極まりない。これは現代用語ではモラハラだろう。館長は僕らを家畜扱いしていることに気づくべきですね。
 そういや搬入の日、館長に
「10日の日曜、ダンスは外のテラスでやるんですか?」
「そうです。何か?」
「10日は雨ですけど、それでも外でやるんですか?」
「天気に関係なくやると思います。自由に」
「大雨ですよ、たぶん」
こんな風に言っていた。
まったく晴れまで阻み、雨を降らせ檻の中に閉じ込めようとする。
けど、今日の予報では日曜晴れだもんね。
ガハハハ、見ろ!
ワシはこう見えても伊勢神宮参道で作品を展示する作家だ。
アマテラスオオミカミが守ってくれたのだ!
去れ! ハバミ! 自由が待っている!
それにしても腰が‥‥