2016年9月29日木曜日

[5755] 禍福

手の傷はまだまだ治らない。
 そこで粘土を使わない面白いことを考えついた。これは来年の個展に使えそうだ。災い転じて福と為す。
 手の写真を撮るのに、手だけでは面白くないので、チョコビッチと一緒に撮ろうとしたら、傷口を咬みつかれた。ひどいやつだ!

2016年9月28日水曜日

[5754] 新個展

来年、初めてのギャラリーで個展をやることになった。
 猫とは関係ないスペース、それもかなり広い。偶然にも来年のワシの誕生日が搬入日なんだ。そこから一週間個展になる。つまり生まれ直した還暦そうそう始まる個展だ。縁を感じたね。新たな何かが開かれそうな予感がする。
 まだまだ先の話と思うだろうがそうでもない。映画製作とかと同じで今から構想、いろんなアイデアが出ては消えて頭がいっぱいだ。たった一週間に1年かけてやる。楽しみだ。

2016年9月27日火曜日

[5753] 弱者

大工をしていて、利き手の右手を深くノコギってしまった。
 この草伸び放題の庭の草刈りをしようと思っていたが、ダメだ。あーーーーー、痛い! わてらの職業、手を挙げた招き猫作りは手をケガしたらお手上げだ。
 ふと思った。『弱者をかばう』とは? 右利きの右手は左手が上手く字が書けないからと左手をバカにはしない。協力して字を書いている。弱者をかばうとは、このことである。今、ワシの左手が何かと右手をかばってくれている。ありがたい左手じゃ。

2016年9月26日月曜日

[5752] 弟チョコ助

帰宅。オー山形、寒いっすね。
 預けていたチョコビッチを取りにいく。若夫婦の娘がチョコビッチとの別れを惜しんで泣いている。この娘が大きくなって今日のこの日のことを思い出す。
「あたしがまだ小ちゃい時、恐いおじいさんとおばあさんがやって来て、弟のチョコ助を連れさらっていったの。あんときはほんと悲しかった。うち、貧しかったのかな。その後、弟とは会ってないけど、どうしているかな? チョコ助ー」

2016年9月25日日曜日

[5751] 猫祭り最終日

瀬戸猫祭り最終日。
伊勢から瀬戸と、この十日間で爪もヒゲも髪の毛も伸び放題。
まあ髪の毛はそれほどでもないけどね。
ド疲れです。
来ていただいた皆さん、あんがとね。
また来年。

2016年9月24日土曜日

[5750] 瀬戸初日

瀬戸の猫祭り初日。
 写真は左からイラストレーターの山口マオさん、そしてスイカ頭のワシ、隣りが『東北6県ろ〜るショー』バンドのベース吉良草太郎とアコーディオン小峰公子、そしてボーカル白崎映美さん(昔の上々颱風ボーカルでも有名な方)。それとマンガ家ますむらひろしさん。この祭りに参加。ライブを見たけど、いいわ踊って大汗かいてしまった。涙出るほど感動した。実はワシを含めて白崎さんもますむらさんも山形出身。そこでここは山形県瀬戸市にしようと決まった。瀬戸の皆さん、今日からここは山形県です。よろしくね。

2016年9月23日金曜日

[5749] 猫祭りin瀬戸

毎年恒例の瀬戸での個展です。
『雨にまけるわけがない』の絵を中心にしたもの。
たった2日間だけど、過去に8万人来たという噂。
第21回来る福、招き猫まつりin瀬戸
愛知県瀬戸市 瀬戸蔵 4F
9月24日(土)~25(日)2日間
営業時間:午前10時~午後5時
問合せ先:瀬戸市観光協会:0561-85-2730
よろしく。