2022年8月19日金曜日

[7903] 半猫前

 ●半猫前

猫は座禅マスターだね。

自分はときどき

『ニャンコ先生』と呼ばれるが、

まだまだ半猫前です。







2022年8月18日木曜日

[7902] 三昧

 ●三昧

三昧(サマーディ)

座禅で目の前の壁のシミに集中する。

ある時、自分が消えてそのシミだけになる。

これは主と客が一体化することで

元の主が消えたのだ。

この時全てが止まって感じる。

全ての思考のガラクタが失せたのだろう。

求めていたものが足りたのだろう。

ボーッとしているわけではない。

このまま手を動かせるし

外の鳥の声や川の音も聞こえる。

何一つ座禅前と変わりない。

ただただ心地よい感覚に包まれている。

ここからわかることは

知識や思考は本来の主ではないということだ。

だからガラクタに振り回されないように。





2022年8月17日水曜日

[7901] 悟り

 ●悟り

『座禅』には

一般瞑想で味わえる陶酔や心の安定

心地よいリラックスだけでなく

名前に『禅』がついているから、その奥がある。

それが『悟り』だろう。

誰もが持っている尊いもので真だ。

己の『目覚め』ですね。

答えのない問答である。

例えば「愛とは? 死とは?」など

哲学・科学・社会学・宗教などの本を

何百冊読んでも分からない。

分からないから未だに問いがある。

悟りは知識や感情や勝負など超えている。

ところが行き詰まって

・・・・・・・

ウチからひょいと直観が働き解する。

目覚めるんですね。





2022年8月16日火曜日

[7900] 送り盆

 ●送り盆

近年は戦争などの暴力による死者より

自殺が多いという。

「死にたい」というのは

言葉を変えれば

「仏になりたい」だ。

『仏』とは仏像を見ればわかるように座禅している。

死にたくなったら座禅をしよう。

そして新しく生き直せ!






2022年8月15日月曜日

[7899] 神様

 ●神様

昨日の『神様』繋がりで

『神様』といえば

川上弘美のデビュー作『神様』

短編集でとにかく心地よい。

小説家の中で一番好きな作家かもしれない。

僕のデビュー作も『猫神様』だから

『神様』とは縁深いですね。





2022年8月14日日曜日

[7898] 盆

 ●盆

昨晩は墓参り。

今朝は村の神社掃除。

竹箒を持って自転車で向かう。

途中にヨガ先生宅がある。

縁側で夫婦が瞑想していた。

快晴だし爽やかな風景に感じた。

ここ三日間、客人の世話で疲れが出た。

昼過ぎ、温泉でも入ろうと自転車で向かう。

行ったら、隣のプールは子供の芋洗い状態。

こりゃあ、温泉も人が多いだろう。

やーめた!

モンゴル800の『神様』流しながら

のんびり家に引き返した。

いい声だし、いい歌詩だ。





2022年8月13日土曜日

[7897] パリっ子

 ●パリっ子

トシの娘の名はマヤ、27歳。

トシは日本人でフランスで指圧の先生。

フランスで行われたジャパンエクスポに参加したり。

マヤの母親はフランス人、ファッション系の先生で

フランス語・英語・イタリア語・

スペイン語・日本語・インドネシア語・中国語が喋れる。

その両親から生まれたマヤの意識はグローバル。

僕の絵日記の絵や座禅に大いに興味がある。

「座禅って何ですか?」と質問をしてきた。

彼女は日本語ができても難しい言葉は使えない。

座禅の説明など日本人にだって伝えにくいし、

ハラリの『サピエンス全史』にそんな箇所があったから

世界にとっても興味深いものであることは確かだ。

でも結局実践よ。

飛ぶ鳥が飛ぶ前に飛ぶ理論を知っても飛べやしない。

飛ぶしかない、飛んだからわかるもの。

相手は座禅に無垢なパリっ子だからこそ

いい感じに語れたような気がする。

さあ、実践、絵を描きまくれ!

黙って座ってみなされ!