2020年5月31日日曜日

[7094] 奉仕

●奉仕
今日はゴザを敷いて
雰囲気を作る。
豆取りしながら思った。
この豆は食べてしまえば
それで無くなるが
種だから保存できる。
植えれば数倍になり来年も食える。
植えたい人がいたらあげても嬉しい。
都会だってベランダに植えることができる。
秋になればビールのつまみになる。
種を残し次の年にまた植えれば年々続く。
喜ぶ人も年々増える。
どんどん増えて地球を覆うことができる。
今、僕は
未来の食糧危機を防ぐ
ささやかな奉仕をしているのだ。
そう思うと心地よい。
やはり秘伝だった。

2020年5月30日土曜日

[7093] 秘伝

●秘伝
母から秘伝豆をもらった。
秘伝という名前だから、
母から僕に何か凄いものが伝わるのだろう。
 デッキの上で鞘から豆を取る作業。
売れない絵を描いているような時間の流れ
まるで瞑想だ。
カサカサした鞘の音
パチンと弾ける音
自然から流れてくる川や風の音の
もうちょっと明確な濃い目の音だ
刺々しさのない
分断のない
静かな心地よい風景だ。
猫どもも集まってきて
昔の農家の穏やかな風景を懐かしむように
思い思いに佇んでいる。
なるほど、これが秘伝か。

2020年5月29日金曜日

[7092] 歯

●歯
奥歯が痛い!
全く何も噛めない。
野生動物なら死んでいる。
ワシは敗者だ!
歯医者に
拝謝!

2020年5月28日木曜日

[7091] 食う

●食う
幼少の頃は
親のスネをかじっているから
食う心配はないと思う。
そうでもないみたい。
子供の頃、
僕より10歳下の3歳のいとこがいた。
川で遊んでいて危ないので
「溺れて死んじゃうよ」と言ったら、
「死にたくない!」と大声で泣いた。
「なんで死にたくないの?」って聞いたら、
「ご飯食べられなくなっちゃう」だって。
彼にとって食うことが最大の満足。
生きる=食う、だったのだ。
生きる=空、だったら、
悟って至福を手に入れたかも。
「そんなもん飯の種にもならねぇ」と言われそうだけど。

2020年5月27日水曜日

[7090] 食

●食
若い頃はプー太郎アーティスト。
夢はたらふく食ってたけど
飯食うのは大変だった。
前前前世辺りは縄文人で
多分縄文人形を作っていた。
変なものばかり作っていたので
みんなから食い物をもらえず
やはり飯食うのが大変だった。
そして今、収入はあるが
歯が痛くて食うのが大変だ。
人は一生、食う心配をしている。
ところで
野生の動物は虫歯がないと言う。
虫歯になって食えなくなったら
さっさと死んじゃうからだろう。
『死ねば死にきり、自然は水際立っている』by高村光太郎

2020年5月26日火曜日

[7089] ツバメ

●ツバメ
庭で朝食をとっていると、
巣から飛び立ったばかりのツバメのヒナが
デッキの鉄棒に止まった。
チョコが「おー、鳥だ、鳥だ、食いてぇ」と叫んでる。
ヒナは一向に逃げようとしない。
まだ飛ぶことに慣れてない。
これで飛んだら低空飛行だ。
そこをチョコに捕まえられてしまう。
空では2羽の親ツバメが飛んでいる。
まずいと思い
チョコを家の中に入れ、
僕らも家の中に入って
ツバメを見守ることに。
行動を観察。
しばらくして親がやってきて、
一緒にヒナは飛び立った。
それから数時間後
庭でスズメらが騒いでいる。
これはヒナが落ちた叫びだ。
行ってみると
チョコがスズメのヒナを食っていた。

2020年5月25日月曜日

[7088] 観自在菩薩

●観自在菩薩
チョコに捕まりそうになっていたモグラを救出。
手がデカくすごい力だ。
ビロードのような毛。
目は無い。
人間には目が二つあって
なんでも見えてると思っている。
本当に物を見ているだろうか?
見ているものと言ったら
自分に都合のいいものだけ
見てない世界の方が多いだろう。
コロナ禍も加わって
もはや真っ暗闇の中にいる。
モグラは真っ暗な土の中
僕らの見えない世界を
自在に観て生活している。
モグラは『観自在菩薩』だ。
*庭にいるミミズ、スズメ、モグラの化仏三部作でした。