2018年7月20日金曜日

[6414] 育てる

●育てる
最近の作品制作は『育てる』をしているようだ。
前は『作る』がメインだった。
それは自分誇示のような感じだ。
どこかに無理があるので淀みを感じていた。
己の『無垢』の生育を忘れていたようだ。
今は己の『無垢』をちゃんと『育てる』ことをしている。
『育てる』とはメダカの稚魚への餌やりと同じで、
黙っていても勝手に育つものだけど少し手助けをする。
基本『無垢』とは皆に共通に在るものだ。
僕は今、『ペリペリ』を育てている。

2018年7月19日木曜日

[6413] ラヴソング

再生
月・死・ドクロと流れて暗部が終了し
パンティ・愛・ラヴソングとエロスが噴出し
染色体・DNA・細胞分裂と生命が動き出した。

2018年7月18日水曜日

[6412] 江戸家まねき猫さん

江戸家まねき猫さん
来週、7/27 19時から
近所の『こめやかたゲストハウス』で演芸いたします。
100年以上続く伝統的お笑い芸
動物の声帯模写。
猫繋がりで出会ったざっくばらんな楽しいお姉さんです。
予約受付けております。

2018年7月16日月曜日

[6410] スイレン10種

スイレン10
池のスレイン10種目の小さい黄色が咲いて全て咲きました。
今年は植え替え時期を間違えて心配だった。
池の水が金魚で汚されて水替えを数度行った。
これらの欠点をうまく乗り切るアイデアも出た。
進歩でした。


2018年7月15日日曜日

[6409] 巣立ち

巣立ち
保護したスズメのツン。
(本名はチュンなのだが、山形生まれなので訛ってツンになった)
日中は鳥カゴに入れて軒下に吊るす。
他のスズメとのコミュニケーションを促している。
夜は小屋の中。
パタパタして小屋で飛び始めている。
今日はそろそろ巣立ちをさせようと試す。
外で鳥カゴから出して飛ばす。
「スズメの恩返し、期待してるぞー」
しかしすぐにSSの頭や肩に戻ってくる。
可愛いやつだ。
まだまだ天高くは飛び立たないようだ。
また明日だな。

2018年7月14日土曜日

[6408] スイレン8&9

スイレン
8種目
右上。
オレンジとイエローのグラデーション。
ティッシュペーパーをちょっとくしゃくしゃした感じ。
9種目
左下。
薄い淡いピンクでプラスチックのような質感。
この2種ともタイ生まれ。

2018年7月13日金曜日

[6407] 生死

生死
 やや成長したスズメにはハエや芋虫を与えると良いらしいので、ハエを探す。ハエなど普段はウザいヤナ虫だが、今日は10匹ぐらいブンブン飛んでいても嬉しいくらいだ。ところがハエはいない。芋虫も少ない。そこでミミズを与えたが、ペッと吐き出した。次に石の下にいる変な虫を与えたがどれもこれも、ペッ。腐った木の株をひっくり返してみた。アリがビックリして幼虫を運んでいる。この幼虫を捕まえチュンに食わした。チュン、満足、もっとくれと言う。ところがアリの幼虫を捕まえるのに、アリが何匹も体中に纏わり付いて噛み付く。たまったものでない。幼虫のデカイので思い出したのが蜂。巣を探すがない。蔦の葉を食う蝶の幼虫がいたわと思って探すがいない。この時期その手の虫はいないんだ。
 ところで今朝、ピニャモが子スズメを咥えていた。口から放した隙にうまいこと捕まえたがもう瀕死、みるみるうちに死んでいった。その後すぐまたピニャモが子スズメを捕まえたが、もう放さない、バリバリ食ってしまった。ピニャモはこの間までチョコにいじめられストレスで口内炎、飯食うのも困難で病院通いだった。それがスズメバリバリ食える程元気になって良かったんだけど… 
 同じ巣から2羽落ちたのだろう。親は餌探しだって大変なのに、せっかく育てた兄弟を猫にやられるなんて
 1羽救ったのに、あっという間に2羽死んだ。
 プラスマイナス、マイナス1で負けだな。
 こうやってみると死ぬのは簡単だ、今はとりあえず生き永らえよう! 

2018年7月12日木曜日

[6406] 遅咲き

遅咲き
ペットの流れで金魚も。
去年池で生まれた金魚の子。
四つ尾だけど、どう見てもフナの色。
だんだん大きくなって親よりデカイ。
だいたい金魚を買うときは
小金魚でもカラフルなものを選ぶ。
生まれたてはフナ色でも
やや大きくなって色が付くものだ。
このフナは、一年経った。
親より大きいし、
もはやずっとフナ色だろうと思っていた。
ところが最近まだらにオレンジが出てきている。
写真左の金魚。
これから全身に色が付くのだと思う。
『遅咲き』ってことなのか。
ふーん、こういうのも有りなんだ。
さて、遅咲きの絵描き、
夏の個展まであと少し。
ガンバンベ!

2018年7月11日水曜日

[6405] カメ

カメ
メダカ・スズメときたから、ついでにカメも。
10年以上前、
「わじんさん、カメあげます」と
植木屋さんが公園で拾ったと言って家に持ってきた。
リクガメなので水槽いらないし、
アトリエにほっときゃいいだろうと飼うことに。
セマルハコガメと言って、名前の通り背が丸く、
他のカメと違って腹の真ん中に横一文字に切れ目がある。
ここが蝶番(ちょうつがい)のようになっていて、
驚いたりすると、頭・足・尻尾が引っ込め、
空気がプシューっと漏れるような音を出しながら
蝶番が折れ閉じた箱になる。
まるで機械仕掛け。
暑い地域の生物で、雪深いこの地に合うわけがない。
だから10月から5月まで冬眠して、
夏場はアトリエをうろうろしている。
数日に一回餌をあげる。
ほとんど手間が掛からない。
顔が人間のジジィに似てる。

2018年7月10日火曜日

[6404] スズメ

スズメ
 玄関側の軒下にスズメの巣を作られるとスズメのうんこで壁が汚れるので巣を作り始めた時点で取り除いていた。数日前、取り除くのが遅れたせいで雛一羽が既に巣にいた。まだ飛べないが羽がずいぶん生えている。本巣の近くの別の壁に仮巣を作ってあげた。とりあえずSSが雛にスポイトで餌をあげ仮巣に置く。スズメの親は雛を探しているが人間の作った巣には警戒して近づかない。二日経った。親は新しい巣を作り始めた。「前の夫の子なんてもうどうでもいい。人間社会に任そう。チュン」。雛は忘れ捨てられたようだ。
 今、SSがいろいろ研究模索しながら育てている。最近は肩に乗るまでになった。
 自然界でこんなことがあった場合、自然の掟があるから人間が手助けしてはいけない、などと言う人がいるけど、そうじゃない気がする。人間社会が自然界をいじって、こうしてしまったのだから、時々は関わって手助け、人間自身が新しい方法とかいろんなことを模索し続けるべきだろう。オランウータンにしろメダカにしろタガメにしろスズメにしろ助けられるなら助けて、最後は自然に返せばいい。もし助けられず死なれたら悲しいという感覚を味わうだろう。それは良い学びだと思う。そんな悲しみを乗り超えて今は亡き僕の父親は捕まえたスズメを夕食に出していた。

2018年7月9日月曜日

[6403] メダカ

メダカ
庭には池以外に睡蓮やハスを植えている鉢が5つある。
そこにボウフラ防止のためにつがいのメダカを入れている。
毎日、鉢を眺め、生まれたての稚魚を発見すると掬いとって、
家の中の睡蓮鉢に入れている。
こうしないと親が稚魚を食べてしまうからだ。
家の睡蓮鉢にはもう60匹以上いると思う。
毎朝、メダカの餌をすりつぶしてあげている。
メダカの学校というくらいだから、
この鉢は保育所・小中一貫校だろう。
今日ここで大きくなった高校生と呼んでいる6匹を
池の中に入れた。
卒業ということで。

2018年7月8日日曜日

[6402] 能

我がアートが
言葉以上に饒舌で
言葉も言葉の向こう側も
自分の手の内
と常々思っていた。
思っているだけでは言葉の内だ。
そんな矢先
僕はペリペリを手に入れた。
これさえあれば
言葉の内も外も自由に行き来
『万能』のような気がした。
あっという間に
大きな物語に取り込まれて
しまうかも
しれないけれども
追いつかれないように
先へ進もう。

2018年7月7日土曜日

2018年7月5日木曜日

[6399] ニルバーナ

涅槃
生まれ変わるんだったら
他を頼っちゃダメだ
他を憎んじゃダメだ
一回自分を殺さないと

2018年7月4日水曜日

[6398] スイレン6種目

スイレン
6種目
左の花
ピンクと白のグラデーション
右は2種目のものです。
並ぶと美しい。

2018年7月2日月曜日

[6396] 池のスイレン

●池のスイレン
5種目
花びらがいっぱいの大きなイエローです。
手前のは最初に咲いたスイレン
ピンクからオレンジへのグラデーションが綺麗。
大きく見えますが水面から飛び出ているせいで
イエローの方が大きい。

2018年7月1日日曜日

[6395] 伝承館

最上カフェ最終日
この二日間、天気にも恵まれ、本当にいい展示会でした。
昨日にも増して大勢のお客さん。
皆さんありがとう。
大成功です。
写真の二階が展示会場です。
これなら来年もやるかも!

2018年6月30日土曜日

[6394] 最上カフェ初日

最上カフェ初日。
天気に恵まれ大勢のお客さんが来てくれた。
成功っすね。
ラッキーなことに
展示会終わってすぐ
いきなり台風のような暴風雨雷。
天は味方したようだ。
もしかして雪国名画シリーズの『風神雷神』の絵に
赤丸がついたので
風神雷神が喜んだのかもしれない。
ちなみに写真は雪国名画シリーズ
『ゴッホの種蒔く人』より
『わじんの雪搔く人』です。
 明日最終日。
お待ちしております。

2018年6月29日金曜日

[6393] 展示会準備

展示会の準備
午前はテーブルと椅子を軽トラ2つ分運んでカフェ作り。
午後は作品運んで展示。
写真:『猫王』というタイトルの座禅ダルマ猫。
カッコいい! 
彼を今まで様々なところに展示したが、ここが最高です。
彼も嬉しいと思う。
最上カフェは明日と明後日です。
場所は村山市伝承館です。
ぜひ。

2018年6月28日木曜日

[6392] さくらんぼわじん

さくらんぼ
 僕が30歳のこの季節、 NYで絵の展示会をやっていた。そこに父親から国際電話。何事だろう? 何か悪いことでも起こったのだろうか? とこの展覧会の企画者に呼ばれて、今はないツインタワービル内のかなり上の階の事務所に電話を受けに出かけた。父親から電話がきた。出ると「さくらんぼ採りに来い!」だって。「ニューヨークにいるんだぞ、俺は」と言っても、「お前がらなければ、誰がるんだ!」と。「この乱暴者が作った街で、俺は一世一代の勝負を」、ガチャン! いつものように言いたいことを言った父親は電話を切った。ガーーーン。まぁ、そんなオヤジだ。
 さくらんぼは、僕が二十代、作品など売れるわけがない時代、父親が「東京でお前の知り合いにさくらんぼを売って、お前の飯代にせい」とさくらんぼの木を数本僕に預けた。毎年この季節には田舎に帰って、さくらんぼりをして箱詰めして『さくらんぼわじん』として売っていたのだ。
 猫作家になって作品が売れるようになってからも、さくらんぼは喜ばれるので『さくらんぼわじん』は続けた。さくらんぼの箱までデザイン(添付写真)して、ある時はイラストまでつけて楽しんで売っていたが、山形に引っ越してから、父親も年、さくらんぼ畑を縮小したので、やめてしまった。父親が亡くなってその後、さくらんぼ畑は兄が引き継いだ。
「今年も終わったよ」と今日、兄が大きなさくらんぼをいっぱい持ってやってきた。

2018年6月27日水曜日

2018年6月26日火曜日

[6390] コーヒー豆

コーヒー豆
『豆』という漢字なんだけど、とってもいやらしく感じるのは、僕だけかなぁ。

2018年6月25日月曜日

[6389] 問題

●問題
スイレン4種目の白です。
このあいだの白よりは花びらが少なく小さい。
ところでこの写真には金魚以外の動物が写っています。
さて何でしょう?


2018年6月24日日曜日

[6388] 最上カフェ

●最上カフェ
6/30,7/1の二日間、個展です。
ArtBagelCoffee
略して ABC展です。
場所は村山市伝承館。
晴れれば外でピクニックですね。
みなさん是非、お越しくだされ。

2018年6月23日土曜日

[6387] love song Ⅶ

● love song 
1:ふざけたものが好き。
2:甘いものはそれほど好きでない。
3:本当のことは言えない。
1+2+3:だからこんな作品ができてしまう。

2018年6月22日金曜日

[6386] クマ

クマ
ギョエーーー!
いつも行く近所の魚屋さんの近くで、クマらしき目撃情報!
汚い毛むくじゃらのおじさんだったりして。
もしくはさくらんぼ泥棒の変装。
撃たれちゃうよ!

2018年6月21日木曜日

[6385] スイレン

スイレン
池のスイレン第3弾。
大きめの白です。
花は三日ほどで枯れるので、
左隣はオレンジの二つ目です。
慣れたせいか開きも立ちもいい。
白はイマイチ、もっと大きく開く筈。

2018年6月20日水曜日

[6384] love song Ⅵ

ラヴソングⅥ
ハートが毛並みの無邪気なラヴソング。
やっぱ犯罪だ。
情けねぇ〜
男の中の男だった父親に申し訳が立たねぇ。

2018年6月19日火曜日

[6383] love song Ⅴ

ラヴソングⅤ
耳垂れのスコテッシュバージョンです。
なんかラヴラヴシリーズを絵日記に出していて思うんだけど、
ワシ、顔に似合わず、よくまあこういうの作るよね。
軽い犯罪だと思う。

2018年6月18日月曜日

[6382] love song Ⅳ

ラヴソングⅣ
アハーンと名付けた大作。
これは1997年作だから、21年前だ。
*ちなみに
AHAMとは‥‥
チベットでは、女性的本性を一切の言葉の根源あるいは母体の音である「A」であらわし、男性的本性を生きるための最も重要な機能である呼吸の音「HA」であらわし、合一の象徴を深い眠りの音である「M」であらわす。それらは統合され知恵と愛の融合の音「AHAM」(アハーン)となる。またa-hamは「私」のことを意味する。ゆえに、AHAMは完全なる自己へ向かうための重要な響となる。
http://www.necomachi.com/moriwajin/works/works_aha.html

2018年6月17日日曜日

[6381] ハナペリ

ドン
風呂入っていたら
ドンと
凄まじい音がした。
とうとうミサイルが
と思って
窓の外を見たら
ややコバルトブルーの夜空に
色鮮やかな閃光が
大きな花火でした。
庭のすぐ向こうで打ち上げているような
湯船で花火、いいですね。
数分の花火でしたが
最近は
なんでも
過剰ではなく
このぐらい細やかなのが好きですね。

2018年6月16日土曜日

[6380] love song Ⅲ

●ラヴソングⅢ
これもラヴソングだね。
ガハハ
ペリペリができる前の絵.
結構好き。
なんか『ラヴソング』っていいな。

2018年6月15日金曜日

[6379] love song Ⅱ

ラヴソングⅡ
これもラヴソングですね。
小サイズです。
腕が輪になって鎖のように繋がってます。

2018年6月14日木曜日

[6378] ラヴソング

ラヴソング
ヨーロッパからやってきた油絵なるものは塗り重ねてゆく技法だ。
これでもかと重ねるからなんか押しが強い男男男って感じ。
じゃあ反対に彫る版画や彫刻はどうなんだろう。
これは反対に引きが強い。
まあ逆だから女女女としておこう。
 ところで塗って剥ぐワシのペリペリ。
押しと引きがうまく混合している。
男女でいえば『愛』みたいなものだと思う。
この写真の粘土大作だって、愛、イヤ、
これは慈愛だな! 
ワシ、粘土でも絵でもずっとラヴソングを歌ってるのかもしれない。

2018年6月13日水曜日

[6377] 買い被り

買い被り
作品制作依頼のお客さんが作品を眺めながら
「これ全部、作ってるんですか?
本当に作ってるんですよね? 
一個一個、手で作ってるんですよね?」
と本当に感心している。
ワシ、息するようにポコポコ作れるんだけど
こんなに感心されるとは
考えてみたら、カワイイのから変なのといろいろなんでも作れちゃう。
それにワシは手びねりが得意。
型物とかも作るけど、そんなに好きでない。
もしかしてワシってすごいのかも。
そうか! 自分を見くびっていたようだ
よし、今日から自分を買い被ろう!
『猫被り』から『オレ被り』、次は『買い被り』だ。

2018年6月11日月曜日

[6375] 量子コンピューター

量子コンピューター
最近はAIが盛んだ。
従来のコンピューターは『0』か『1』のどちらかの状態。
 陰陽だ。
ところが未来のコンピューターである量子コンピューター、
これには『0』と『1』の二つの異なる状態が同時に出現する『重ね合わせ』という現象がある。
 ほぉ〜、これってペリペリだ。
とうとう現代社会もワシに近づいてきたね。な〜んてね。
こういうの聞くと、ますますペリペリをやる気になるな。
 そういや色即是空もそうかもね。

2018年6月10日日曜日

[6374] 浮いて

浮いて
6/1の絵日記で
暗部に居ると心荒むようなことを言った。
逆に明部の作品は頭飛んじゃってバカになる。
バカに抵抗して頭痛するし。
バカになる前に暗部に向かおう。
ということでまた暗部制作開始。
『バカにならぬように暗部。
心が荒まぬように明部』
名句だな。
こうやって両岸につかずに川に浮いて流れていくのだ。

2018年6月9日土曜日

[6373] スイレン

池の初スイレン。
開きがイマイチだけど、大好きなオレンジ系です。

2018年6月8日金曜日

[6372] 集中

集中
頭痛がする。
目がひどく疲れているようだ。
ペリペリ、集中しすぎだな。
ダメだ! 限界だ!
温泉行く。
久しぶりに風呂場で寝てしまった。
スッキリしたさ。

2018年6月6日水曜日

[6370] 猫石

ドアストッパー
このあいだ(絵日記5/30)のドアストッパー猫石は
擦れて床にチョークのように色がつくので
これに交換。
全然面白くないが、ここは機能重視だから。
前の猫石は可愛かったので、とっとこう。

2018年6月5日火曜日

[6369] アート展

アート展案内
『最上カフェ』
ここ村山市の隠れた名所『伝承館』で、最上川を眺めながら
コーヒーとベーグル、そしてアートを楽しむ。
ペリペリ画と猫オブジェを展示します。
2018年 6/307/1  土日の二日間だけです。
10:0016:00
ABCチケット: 1,000
ArtBagelCoffeeの三点セット)
所:村山市河島元杉島1315-1
村山市農村文化保存伝承館2F
駐車場
:伝承館:90
:大槇地区農村公園:22台(歩いて竜神の吊橋を渡ります)
問合せ:村山市政策推進課 地域おこし協力隊 大山