2021年9月19日日曜日

[7569] 

 ●ピニャモ

ピニャモはちょっとの不安で

一週間ぐらい落ち込む性格だ。

まるで神経質な人間のよう。

そのピニャモが全身麻酔

全奥歯、抜歯手術。

そして入院、独りぼっち。

ワシは自分ごとのように

心配ドキドキだった。

ワシはもっと人非人の性格だったのに

敏感なお年頃になってしまったようだ。

手術成功、無事に帰ってきた。

気分いいのか、落ち込んでない。

ホッとため息っすよ。

今の写真:庭でひと息のピニャモ

絵:ピニャモ元気!





2021年9月18日土曜日

[7568] やる気

 ●やる気

『オレンヂ文化祭』をやる。

そうと決まったら、イメージが湧いて湧いて

興奮して眠れなかった。

廃業しそうだった精液製造所が

フル稼働した感じだ。

40歳ぐらい若返ったと思う。

やはり新しいこと面白いと感じることに

挑戦することはいいようだ。

やる気バンバン、すこぶる楽しい。

奴ら若者がエネルギッシュなのは

そういうことだったんだー

ワシは今、目覚めました。

コロナ禍を終えた気分です。

さぁ、雨止んだら大工だし

粘土制作にも取り掛かるぞ!




2021年9月17日金曜日

[7567] 文化祭

 ●文化祭

いつもなら伊勢と瀬戸に出かけて展示会中。

コロナ禍だからなんともしょうがない。

そこでこの鬱憤を地元個展で晴らそうと

場所探しで、候補が数軒上がった。

でもやはりコロナ禍だから一歩が出ない。

あ〜〜ぁ、鬱々していたが、閃いた!

外でやればいいんだ。

それも自分ちの玄関先で。

俺ん地と秋の紅葉オレンジを『わ』にし

タイトルは

『オレンヂ文化祭』

詳細決まったら発表するね。




2021年9月16日木曜日

[7566] 免許証アート

 ●免許証アート

 昨日の『免許証アート』は自分では最高に面白いと思っている。でも不思議なのは、これを見て大感動とそうでない人がいることだ。疑問は子供でも感動するのだろうか? やはりある程度の知識によるところもあるのだろう。そこで感覚と言葉による理解は違うが、とりあえずこの感動を共有するために免許証アートの特徴を考えてみた。

*******************************************

◎感動者のコメント

「流石です!」

「ぬおぉ 感動! ジワジワ沸いてきます」

「いいねを100回押したいです!」

「www 最高!」

「これ、楽し~」

「かなりツボです。凹んだときたまに思い出して見てます」

「ぎゃー受けすぎです!って私だけですかね?」

********************************************

 この最後の「私だけですかね?」ってのは、僕と同じ不思議さを感じているのだろう。なぜこれに感動し受け笑い転げてしまうのか、疑問に思ってしまうのだ。

 免許証アートは5年に一回の免許証更新に同じ服を着て写真を撮っているだけのこと。このアートの特徴は社会に縛られ不自由な免許制度の中で密かな楽しみとしてやり続けることで自由を獲得している。免許証はほとんどの人が持っていて誰もがこの遊びをやれる可能性があるのに、ほぼ誰も挑戦しない、だから希少性がある。一生かけて一点だけしか作れない。それも常に制作途中なのだから、人生そのものが作品になる。

 自由意思など全くない二項対立が蔓延しているこの社会で唯一の最大最高の自由への道、抜け穴を示していると思う。その穴の向こうは広大無辺だろう。だから感動するのだ。

 写真:昔のパスポートも同じ服だった。



2021年9月15日水曜日

[7565] 免許証

 ●免許証

免許証アート。

同じ服。

今年も順調に増えて8枚目です。

1990年から31年

僕がいなくなったり、服がダメになれば

終了ですね。

僕と服のWa-art



2021年9月14日火曜日

[7564] 見学

 ●見学

コロナで退屈なので

地元で小さな個展でもやろうと場所探し。

若者が空き家をいじって

溜まり場にしている家を見学。

ここの主は会社を作り

空き家を溜まり場にしたり

カフェをオープンしようとしたり、

何かとこの市を活性化している若者だ。

なんと県外の22歳の大学生だった。

『わ』の話にめちゃくちゃ興味を示してくれた。

『わ』は若者の方が反応がいいのかもしれない。

同じところを見ようとしている気がした。

ここで個展するにはイマイチだね。

でもとてもいい話ができた。

写真:

ストリップステージのようなものがあった。

毎朝、『わ』っと驚くコーヒーカップ。




2021年9月13日月曜日

[7563] 金木犀

 ●金木犀

秋っていいですね。

外が非常に心地よい。

金木犀の香りがしてます。

3匹の猫がベンチで寛いでます。

『住みにくい所をどれほどか、寛容て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい』 草枕より:夏目漱石