2021年7月29日木曜日

[7518] ハラハラ

 ●ハラハラ

スポーツ見てて思う。

ハラハラドキドキはダメですね。

感じた瞬間にチャンネルを変えてしまう。

だからほとんど見てない。

これから歳取ると、

また別の何かがやってくるんだろうか?

ワクワクウキウキならいいのかもしれないな。

とりあえず、今はハラハラドキドキはダメだ。



2021年7月27日火曜日

[7516] 未来

●未来

未来とは

「老い、病気、介護、死」

人の精神を孤立させるような不幸な言葉。

ふざけるな、くだらん。

不幸など偽りだ。

不幸のために今を生きているわけではない。

ただの不愉快な呪いだ。

不幸な言葉で呪うのはやめなさい!

僕は呪いの言葉と縁を切る!

「静寂、春風、清流、青空」

と書き換える。



 

2021年7月25日日曜日

[7514] 間愛

 ●間愛

人と人の間には間合いが必要だ。

『間合い』から『間愛』という造語を考えた。

間合いというのは

人と人の距離だけでなく、

言葉の距離にも言える。

ドラマ『北の国から』のような

あの言葉の間は風景を生かす。

夏目漱石の「月が綺麗ですね」も

空間を生かす。

言葉の間合いは言葉の意味だけでなく

空間に充満している慈しみに包まれる感じがする。

だから『間愛』とした。

新しい作品ができるように、

こうやって言葉も新しく生まれる。

 写真:おいおい、ワシはおまるじゃないぞ!




2021年7月24日土曜日

[7513] 人間

 ●人間

『人間』という文字には『間』があるのが面白い。

『時間』にも『空間』にも『間』がある。

時間も空間もここからあそこまでの間を言う。

ならば人間もそうなんだろう。

私からあなたまでの間を人間と言う。



2021年7月23日金曜日

[7512] 創造

 ●創造

 中道は創造の源だ。既に知れたあっちでもなくこっちでもない。右に傾いても左に傾いても中道は遠い。右も左も上も下も中心も周辺も否定すれば、そのうち中道に立っていることに気付く。そこは透明だ。

 中道を身体で説明すると、人間の正中線の生殖器から頭頂まで通じていて、我らは女性の生殖器から生まれてくるから、そことも繋がっている。中道は個人の生命だけでなく、脈々と続く生命そのものの根源からの流れでもある。中道は他の生殖器から自分へ、自分の中を通り自分の頭頂から出てゆく。知性は自分以外の全てを考察する。知性は肉体を離れ生死の概念を超える。これらの中道の道の要所要所、つまり人の正中線の要所には喜びがある。生まれた時、性を感じた時、食を得た時、愛に包まれた時、言葉を放った時、知恵を持った時、我を捨てた時、それぞれで歓喜を得て頭頂から放出され散らばる。歓喜が創造である。しかし一要所の歓喜に捕らわれ流れを寸断すれば澱む。