2021年4月18日日曜日

[7416] 個展案内

 ●個展

もりわじん個展『幸福感』

「朝の風景が好きだ。朝の目覚めはとても大事だ。朝は幸福感で満たされている。一日は一生かもしれない。朝が爽快なら一生爽快だ。もし朝が気不味ければ一生気不味い。もし朝を嫌うなら一生を嫌うことになる」

2021年 4/29〜5/9

東京谷中の猫町ギャラリーです。

今年はコロナ禍で僕は在廊致しません

今回のメリットは僕がいないので静かに鑑賞できます。

これまでのタイプ(写真)と思いも寄らない新作を展示します。

現場で御堪能くだされ。

では皆さん幸福感に包まれますように。



2021年4月17日土曜日

[7415] 通販生活

 ●通販生活 夏号

個展前で、集中制作、背中が痛い。

羽でも生えるのだろうか?

雨の中、温泉で羽を伸ばした。

通販生活が届いた。

『どんなに長い夜でも、明けない夜はない』ってさ。



2021年4月16日金曜日

[7414] 思考

 ●思考

『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから』

 この格言を知った時、『わ』になっている言葉だなぁと思った。この格言は誰の言葉かわからないから尚深みがある。他人や自分の思考は見えないから、発した言葉や文字からその人の思考を読み取ることになる。ここで思うのは、ネット内での言葉が独り善がりだったり、汚かったり、悪口だったり、攻撃的だったり、自虐的だったり、毒舌だったり、そのような言葉からその人のお里が簡単にわかってしまう。その人の言葉の裏にある内面の気を付けてない思考が露わになるということだ。まだまだ未知の自分を言葉で汚してはもったいないとつくづく思う。注意しても言論の自由だし、自己主張激しいし、内面を見る事の恐怖から吠える犬のようになるので注意もできない。そんな時にこの格言が当を得ていると感じる。そういや自分もそうだったと思い、今更ながら言葉に気をつけるようにしている。この格言を思考の底辺に置いたら、いい運命になるかもね。




2021年4月15日木曜日

[7413] 瞑想

 ●瞑想

 京都で10日間、ヴィパッサナー瞑想を経験した女子がやってきた。

 それってどんなことをするのか聞いたら

「10日間、他人と会話しない、目を合わせない、本やスマホなど見ない、ほぼじっとしている」

 実に素晴らしい体験だと思った。これらは情報を遮断し何も思わないことだ。

 『思う』ということは悩むということだ。悩んでいるから情報を求める。悩んでいる者がよく語るし、人の目を気にするし、情報を漁るし、モノを作るし、行動する。生きている限りみんな悩んでいる。だから悩みを捨てたいと思う。思わなければ悩みはないはずだ。『思う』の究極の目標は『思わない』なのだ。それをやってきた彼女は究極の目標の達成感や満足感を目の当たりにし、思う事の嘘を暴く正見を得たのだ。

 彼女はこの瞑想体験が心底良かったようで、皆にもこの経験を与えたいらしく瞑想教室をいつか開きたいと言っていた。



2021年4月14日水曜日

[7412] 植物

 ●植物

猫を飼っているからこそ

猫から学ぶところが

すこぶる多い。

ところで猫や他の動物は

人間に近い生物だが

植物は遠い。

人間は高いところや遠いところ

深いところなどに興味があるから

遠い存在は必要だ。

とりあえず

身近で遠い植物からの学びが重要だ。

人間は植物を食べるだけでなく

植物の持つ知恵を

これまで以上に

取り入れねばならないと思う。

春だし、

木々をよく観察しようと思う。



2021年4月13日火曜日

[7411] ケアcare

●ケアcare


いいものはケアがあると思った。デビットリンチのブルーベルベットが好きで、よくサントラ盤を聴く。最近感じるのは、この映画にはケアがある。そして大抵どんなに気持ち悪かろうが、どんなに狂っていようが、どんなに暗かろうが、どんなに冷めていようが、映画や音楽、絵にしてもいいものにはみなケアがあるように思う。ケアとはハートだろう。救われないものでは無いということだ。僕がいいと感じるものだけど。



2021年4月12日月曜日

[7410] バカ

 ●バカ

春ですね。

若い頃はよくバカをやった。

青年期を過ぎ、

バカをすることが

バカらしくなってきた。

そこでバカになることにした。

バカになっていると

心地よい風が吹いて

心が広がる。

あ〜

もう考えられない。